19年

ちょうど1ヶ月後に
アイザックベルは19歳になります
1ヶ月後はきっと
アニバーサリーの
アレや、コレやでワタシは
バタバタとしているであろうと
予測できるので(笑)
少し早めにアニバーサリーな話を。

19年って、
過ぎてしまえば
あっという間だけど

あらためて思い返すと
長い道のりです

ミホさんがテディベアと
出会わなければ
始まらなかったアイザックベル

そしてアニバーサリーのたびに
言っているかもしれませんが
OPEN当初は
nounours nakano
そう、「ヌーヌー中野」でした
その後、3周年の時に
ミホさんのブランド名
「アイザックベル」に変更し
今日に至ります

ちょっとBEARから
外れたアイザックベル話を。

オープン当初に使っていたのは
発売されて間もない初代iMac
iMac-G3.jpg
懐かしい〜
そして、可愛い〜(笑)

でも、この子の登場で
日本は(世界もか?)
インターネット時代に
突入したと言っても
良いのではないでしょうか

とにかく、お店が始まって
重要だったのが
ホームページでした

もちろん、その当時は
専門の人に作ってもらいました。
が、ホームページは
更新することに
意義があるということで
ほんの少し
タイプライターが打てる
ということで、
ワタシが見よう見まねと
ワケのわからない
言語が並んだ(笑)
参考書を片手に
コツコツ(のろのろ)と
ホームページを作り始めました
こんな、スマホ時代が来るなんて
思ってもいませんでしたが…

インターネットで
情報を発信する必要性に
追われる時代の到来です

お店に行かなくても
商品を手にすることができる
通信販売

お教室に参加しなくても
チャチャッと作り方がわかる
You Tube 
なんとも便利な時代です

そんな時代の中
このアナログ的なアイザックベルが
19年も続いているのは
ここに、来てくれる人たちが
いてくれるおかげです

中野というサブカルチャー的な
街にもマッチしたのかも知れませんが
実のところ、いまだに
地元の人でも
知らない人は多いです(笑)

来たことのある人は
わかると思いますが
半地下のわかりにくい所に
お店はあるのです
足を運んでくださる方々に
本当に感謝です

BEAR以外の話で
長くなってしまいました
が、
まだしつこく話そうと思いますので
おつきあいいただける方は
追記もどうぞ(笑)

2005年のケンタ
5375.jpg

2018年のケンタ

月日の流れを感じますね





しつこいよ、
長いよ、
と、言わずにお読みください
もっと長いです(笑)


お留守番をしていると
BEARを選びに来て
思いがけず別の話で
盛り上がってしまうこともあり
19年の間に
色々な方との出逢いがありました

数年前のことですが
アメリカから来た少年は
高校生の頃にインターネットで
自分の名前のIsaacを検索していたら
日本にIsaac Bellというお店を発見して
「いつか日本に行くことがあったら
絶対に行きたい。」と思ってくれて
高校を卒業してから
本当に来てくれたことがありました
多分、日本語が上手でしたので
日本に興味があったのだとは思うけど
ビックリした話でした

オープンしてからしばらく
テディベアブームの時代は
お父さんが娘さんのために
ベアを選びに来てくれる
というパターンも多かったです
小学校に上がるから・・・って
真剣にベア選びをするお父さん

留学で離ればなれになっちゃう
彼女のために自分だと思って欲しいと
選びにくる彼氏とか
男性が大切な方のためにと
選びにくることが多く
その集大成はなんと言っても
ミホさんのベアでプロポーズ
という伝説!もありました
詳細はミホのつぶやきの
どこかにあります(笑)

実店舗で良い所は
手に取って、なにかを感じて
選んでもらえること

決して新入荷のものから
決まって行く訳でもなく
ネットで見て来たのだけれど
実際に手にしたら
別の子が気に入ってしまった
なんてことはよくあります

お教室がメインのアイザックベルなので
授業中のことが多く
なかなかじっくりと
作品を見ることはできないし
じっくりとお話しすることもできませんが
お店が開いている時は
いつでもウエルカムです
シャッターが下りていないのに
鍵が閉まっている時はワタシが
脱走していますので
しばらくお待ちいただければ戻ります

ということで20周年まで
まだまだ頑張りたいと思いますので
よろしくお願いします
m(_ _)m

コメントの投稿

非公開コメント