FC2ブログ
ワタシが下手の横好きで
色々と手を出しては
ブログで紹介したりするので
ワタシが自分のことを
《ぶきっちょ》と言うのは
謙遜にしか聞こえない!
と抗議がありましたので
弁解したいと思います(笑)

《不器用》と言わずに
《ぶきっちょ》というニュアンスが
ワタシの場合は大事
意味はきっと同じなんだろうけど…

色々と作っている割には
それもワタシなりに
かなり真剣に!(笑)
それなのに
キレイに仕上がらないのは
正真正銘の《ぶきっちょ》だと
思っています。

でも、ぶきっちょの
強い見方は
《先生の指導》なのです

器用な人は
ひとりでもキレイにできるけど
ぶきっちょは
ひとりで作ると
とんでもない代物になります
その見本の様なものを
今、作っていますので
ご紹介!

これは、何年も前に
エコクラフトを
習っていた時の教材です
去年からちょっとずつ
完成に向けて頑張っているのですが
このありさま・・・
左の完成品は
同じ時に一緒に習っていた
ミホさんの作品。
サンプルがあった方が作りやすいからと
家から持って来て貸してくれました
すでに違う形になりつつ…
ミホさんからも
「どうしてジュンちゃんのは
そんなにグニャグニャなの〜?」と…

ワタシにもわかりません!
それが《ぶきっちょ》のサダメです(笑)

原因のひとつは
こういう小さい所↓
fc2blog_201804051334443da.jpg
反省点はいっぱい
あとから気が付きます
先生の指導のもとで作っている時は
魔法の手(先生の手)が
早めに気が付いて修正してくれるのです

なので、この前の
カルトナージュのトレイも
キレイに仕上げることができました

もう、このバスケットは
すべてを1からやり直す気は
サラサラないので
(これもぶきっちょの特徴(笑))
半ば強引に作り上げているのですが
そんなワタシをアイザックベルの
生徒さんは
「じゅんちゃん、好きに作りなよ〜」と
励ましてくれます。
感謝!(笑)